アトラプジ


MVNO

UQ mobile、端末代実質0円になるコミコミ月額2980円の「ぴったりプラン」を発表

ケータイWatchによると、UQが月額2980円のUQ mobileブランドの新プラン「ぴったりプラン」と「ぴったりプラン たっぷりオプション」を2月19日より提供すると発表した。ぴったりプランは、1GBの月間通信量(超過時は300kbps)と1200円分の通話料を含み、実質0円で端末も提供 …
続きを読む

キャリアに見直し要請も2016年はスマホ負担額が増加する可能性、中古・MVNO市場は活性化?

日本経済新聞によると、総務省のタスクフォースが国内の主要キャリアに、低価格プランと多額の端末販売割引の見直しを要請したキャリアはこの要請を受けて、販売店に支払う奨励金などを減らすことが予想され、キャリアショップや量販店などで契約と同時に端末を購入する際の …
続きを読む
au系MVNO「mineo」がNTTドコモ回線にも対応、選択可能で「iPhone」対応に可能性

日本経済新聞によると、ケイ・オプティコムは、MVNOブランド「mineo」にNTTドコモの回線も加えるmineoは、昨年6月からauの回線を借りた格安SIMサービスを展開していたが、一部の「iPhone」で非対応となり苦戦が続いていたドコモ回線とau回線を契約時に選択することができる …
続きを読む
MVNO10社と大手3社の通信速度ランキング、IIJ・日本通信・UQが健闘 -格安SIMは昼に弱い

ITmediaによると、MVNO10社の格安SIMカードとNTTドコモ、au、ソフトバンクの通信速度を比較した調査結果が発表された(MMD研究所)格安SIMは朝、昼、夕で平均ダウンロード速度の差が大きく、特に昼の速度低下が著しいドコモ、au、ソフトバンクの3キャリアの平均通信速度は27 …
続きを読む
「Xperia Z3 Compact」、MTTドコモのアウトレット品としてMVNOで再発売 -価格3万9800円

ITmediaによると、エックスモバイルが、NTTドコモのアウトレット品となる「Xperia Z3 Compact SO-02G」を発売価格は3万9800円(税別)で、ドコモより2万3800円安いが、ドコモが提供している毎月の利用料金から割り引くサービスはない故障や修理は、もしもシークスの店舗やコ …
続きを読む
au、5月以降発売の端末で無料SIMロック解除に対応 -機能制限の可能性も

公式発表auは、2015年5月以降に発売するスマートフォンやタブレット端末に原則SIMロック解除の機能を搭載し、SIMロック解除に対応する購入後180日以上経過していることが条件で、WEBサイトであれば無料で申し込むことができる(店頭の場合、3000円の手数料)SIMロックを解除 …
続きを読む
ドコモLTE全バンド対応の格安スマホ「StarQ Q5002」が販売中 -VAIOフォン並みスペックで価格1万7800円

ASCIIによると、価格1万7800円の格安スマホ「StarQ Q5002」の販売が秋葉原で開始Q5002は、SIMロックフリーのデュアルSIM仕様のスマホで、5インチHD(720×1280)液晶、Snapdragon400(1.2GHz)4コアCPU、800万画素カメラ、RAM1GB、ROM16GBを搭載し、ドコモLTEの全バンドに対応す …
続きを読む
日本通信三田社長「iPhone・iMacはブランド力だけ。VAIOフォンも同じ。」

東洋経済によると、米アップルの日本法人元社長で現日本通信三田社長が「VAIOフォン」の戦略について独自の主張を展開スマホはすでにコモディティ化した製品で、ブランド戦略によって差別化を図ることができ、今回はVAIOのブランドにどれだけの力があるかということを試して …
続きを読む
「VAIOフォン」炎上問題にバイオ(株)「格安スマホではない。法人向けだったのに日本通信にやられた」

日本経済新聞によると、 「VAIOフォン」の期待値と現実のギャップに対して批判的な意見が多いことに対して、バイオ側が「ターゲットは法人市場である」との主張を展開「法人向けスマホ」に参入したかったバイオは、VAIOフォンを一般向けの「格安スマホ」として作る気などは …
続きを読む
日本通信「MVNO市場には二流スマホしかいないので、米アップルに次ぐVAIOで行く」自信満々に箱だけ公開

PC Watchによると、日本通信が2014年度第3四半期決算発表会で、VAIO株式会社と2月に市場投入する「VAIO」ブランドのスマートフォンに関する取り組みについて言及「契約上中身は見せることができない」として、VAIOスマートフォンのパッケージのみを公開した日本通信の三田聖 …
続きを読む
ソニー、スマホ高級路線としつつ格安スマホにも活路 -今春イオンで発売へ

SankeiBizによると、ソニーが格安スマートフォン分野への参入を検討している「Xperia」シリーズの旧モデルを割安販売する形でイオンの各店舗で格安スマホとして販売する端末価格は3万円程度で、MVNOでソニー子会社のソネットのSIMカードとのセット販売になり、通信料と端末 …
続きを読む